骨密度の検査と骨粗鬆症の治療を行っております

骨粗鬆症は、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です

骨折が生じやすい部位は、背骨、手首の骨、太ももの付け根の骨などです


DEXA法を用いた骨密度の測定を行っております

 

170601095913k2w6.jpg

 

骨粗鬆症治療の目的は、骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります

治療の中心は薬物治療になりますが、食事療法や運動療法も並行して行い、骨強度を高めていくことが重要です

 

骨密度検査や骨粗鬆症の治療をご希望の方はお気軽にご相談ください